スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勾玉制作 異形勾玉

IMG_2271_512.jpg



勾玉が出来るまでのプロセスをご紹介したいと思います。

ラベンダーと緑の翡翠原石を約13ミリで板状にしました、

縦が35ミリの異形勾玉を二つ制作致します。


IMG_2270_512.jpg


およそのデザインを鉛筆で下書きをします。

緑の方にはヒビが見えますので制作途中で割れるかもしれません。



IMG_2274_512.jpg



小割切断機でのカットした異形勾玉。

下書きの線を切らないようにカットします、一部分でもカットしすぎると

全部を修正しなければならないので慎重にします。



IMG_2275_512.jpg


カットのとき、表の下書きの線ばかり意識していると

下書きしていない裏側を切りすぎたりしますので

表裏両方を意識してカットをします。


IMG_2277_512.jpg

2015.8.17

異形勾玉、久しぶりの制作で時間が掛り手こずりました、

次は穴明けと切り込みです。


IMG_2292_512.jpg

彫刻はダイヤポイントを利用し少しずつ時間をかけて削って行きます、

磨き前の工程は完了しました


IMG_2301_512.jpg

完成

IMG_2299_512.jpg

磨きもグラインダー、リュウター、

サンダーを駆使して完成しました、異形勾玉完成 

2015.8.19













スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。