スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

18金イエローゴールドリング


青海系の透明感が高いルースを用いた18金イエローゴールドリングです、

全体の重さは9gですリングの幅は3.9ミリでサイズは13.5です、ミル打ちの

打ち損じみもなくしっかりしたリングに仕上がったのですが、リングとルースの枠に

微妙な角度のズレが出来てしまいがっかりです、言われなければ分からない

ぐらいのズレだと思います、二枚目の画像を良く見て頂ければ右周りにずれてるのが

分かるでしょうか?先でまた溶かして作りたいと思いますが、

もったいないのでサンプルコレクションにしたいと思います。

リサイクルの場合はロー付け部分を入れると地金の性が落ちますのである程度

削り落とします、また地金の粉は金銀共巣の原因等にもなりますので一切使っていません。

18金りングは今までに4個作りましたが鍛造で作ってる為なのか非常に硬く

作るのは大変ですがそれだけ地金がしっかりしている事を実感しました。

b-001.jpg
b-004.jpg
b-002.jpg
スポンサーサイト

小さな勾玉18金ペンダント金具


小さな勾玉の18金イエローゴールドのペンダント金具何とか完成しました。 

黒の勾玉サイズは15×10×6ミリ 淡い緑の勾玉は13×9×5.5ミリです、

パーツの丸環を中心にロー付けするのが非常に難かしく何度も失敗しましたが 

中心でロー付け出来るようなジグを作り、わりと簡単に出来るようになりました、

また丸環に付いているバチカンは既製品ですが、そのほかの地金は純金から割り金をし

叩いて締めていますので非常に硬くなっています小さい金具ですが丈夫に作っています。

丸環の線は通常焼きなまし柔らかくして巻いていきますが、硬い状態で巻いています、

硬くて大変ではありますが、壊れにくく長年の使用に耐えられるように・・・

丸環は0.8ミリの線で作っていますが指で横に押しても簡単には曲がらないぐらい丈夫です。

002_20170903175432138.jpg
006_20170903175432d0f.jpg

大珠を久しぶりに10個ほど作った中の一つです、

艶々で色も良く出来が良かったのでアップして見ました、

サイズは37×24×13.5です、

穴は5~3ミリのテーパーになっております。

012.jpg

糸魚川産翡翠ルース・シルバーリング


最近は糸魚川産ひすいルースのシルバーリングを手掛けています。

リングとルース共に出来るだけ品質や加工精度が良くなるように、

色んな治具等(彫金工具店にない)も試行錯誤しながら手作りしています。

001_201707171635587bf.jpg

002_20170717163559a97.jpg

003_20170717163600920.jpg

下画像上部のリング二つにはミル打ちを施しました、

この画像では不揃いに見えますが、実物はなんとか揃っていると思います、

この後もっと綺麗なミルが打てるように特訓しています、

また出来るだけ大きなミルに挑戦したいと思っています。

033.jpg

彫金の再開


彫金の方はしばらく休んでいましたが最近再開しました。 

まだ技術的には完璧ではありませんが、難関を一つ一つ

乗り越えています、難関を乗り越える先生はYouTubeです、

特に外国は非常に多くの技術を公開していますので短期間で

習得できます、ただし外国語ですので単語を調べながらですので

時間が掛ってしまします、古代のアンティック粒金技法や木目金の

技法等分かってしまえば思ったより簡単に思います、逆に考えれば

技術は簡単に教えない方がとも思いました。

008_20170624081422bf7.jpg

彫金の部屋の様子です超広角レンズで取りました。

009_20170624081423f29.jpg
007_20170624081424728.jpg

当サイトではフクリン留を主に制作していきますがまだ、 

課題があります、それは如何にフクリンを綺麗に留めるかです、

なるべく早く納得できるように頑張りたいと思います。 


005_20170624081425e4d.jpg

18金イエローゴルドの甲丸リングです

色々とトラブルがありましたが地金はしっかりと完成です、

ひび割れや巣などもほとんどありませんし、ロー付けも

完璧に仕上がりました、自分用です。

006_201706240814279ca.jpg

金加工思わぬ苦戦


金の加工を初めて一か月ぐらいになりますが、やはり順調には行きませんでした、

当初はシルバーと同じに制作すれば簡単に出来ると思っていました、また金の加工は書物や

ネット等では簡単と謳ってましたので、そう思っていましたが、実際やって見ると、思うように行きません

特に金の地金をローラーで伸ばしますと固くなります、それをなまして、またローラーをかけます、

その時に地金が全体的に割れてしまいます、(銀は同じことをしても割れる事は有りませんでした) 

これには参りました色々と調べたり試行錯誤したり半分諦めていましたが、

たまたまネットで地金を扱う時の注意とありまして、断面積二分の一の原理

と説明がありました、これは地金の断面積が半分になるまで、なましてはいけないと言う原理です、

実行した結果だいぶん割れは少なくなりましたが私のやり方では完璧ではありませんでした、

それと同時にあることが閃きました、ローラーの掛け方です、(説明が長くなりますので省略します)

断面積二分の一の原理とローラーの掛け方で割れは完全にでなくなりました。

a6.jpg

今までは銀の制作だけをしていました、今回18金イエローゴールドですが 

銀と金の硬さの違いを実感しました、なました状態でもかなり硬く感じます、

金はローラーを掛ける時も糸鋸で切断する時も全てで硬いです、

金の硬さを実感したせいか銀は柔らかくて楽に感じます。 




現在もう一つトラブルがあります、地金に巣が少し出来る事です、銀は大丈夫ですが金には 

出来ます、原因はおよそ分かっているつもりです、溶解の時の温度等が原因だと思っています。

その為に今回ボンベの台を作ることにしました、下の画像はその様子です。

彫金の部屋の酸素ボンベの位置が今まで低くて操作しずらく、酸素ボンベがぐらぐらし安定が 

悪い状態でしたので今回台を作り安定して操作できるようにと思い制作しました。 

a1_20160620194523277.jpg

ボンベの台を作っている様子です、2-1番目の画像は低い状態のボンベです。

2-3番目の画像は自作鋸テーブルです、角材等が直角に早く綺麗に切れ便利です。


3-1番目の画像はスライダーです、電動鋸のスピードを調整できこれまた便利です、

3-2番目の画像は電動鋸の集塵機です。

a5.jpg

下はボンベの台を組み立てているところです、インパクトドライバーで ネジで組んでいます、

台は一時間半で完成しました。

a2_20160620194526f23.jpg

下はやっと台が完成しボンベを乗せている所です、ボンベの調整器等全部外して載せ替え 

しましたので、時間が掛りました、ついでにガス漏れの検査を(石鹸水で)したところ小さいほうの 

酸素が漏れていましたので、締め直しました。

a3.jpg

述べ3時間で完成しました、次回は18金の指輪の挑戦の様子を紹介したいと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。