スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変わり種異形勾玉 テスト制作


変わり種異形勾玉、20年ほど前に制作したことがあり思いだしながら作ってみました、

幼虫のように見える勾玉です、実際に遺跡から出土した勾玉をアレンジして作りました。

サイズは縦35×横17×厚9ミリです、今回はテスト制作ですので白い原石を使用しましたが

次回は良質な原石を使用して作ってみたいと思います。

zzx1.jpg
スポンサーサイト

久々の獣形勾玉


久しぶりに獣形勾玉を制作しました、姫川産の透明度の高い翡翠と

海中産のラベンダー翡翠です、穴はテーパーにしましたが

ラベンダーの方は穴が少し大きくなり過ぎました。

大きさは38×19×10とラベ35×18×11です。

ad1.jpg

勾玉の首飾り


勾玉の首飾を久々に制作しました、ラベンダー・黒・緑、

3本制作するにはロスも考えて200個の丸玉・管玉・勾玉を作りますので

根気も必要です、今回の3本を含めて今までに10本ほど作ってます

勾玉の数は以前は9個でしたが、今回は7個と5個になりました。

a1_2016121217104414b.jpg

a2_201612121710453c5.jpg

紐はナイロン付ステンレスワイヤーで引輪とアジャスタ使用ですので

実際に首に下げる事も出来ますが勇気も要ります。

ロー引き紐でのペンダント

ロー引き紐でのペンダント、この方式のペンダントは数年前から

試みてはいましたが結び玉がうまく纏まらなかったり

感触の好い紐が見つからない事もあり、なかば諦めていましたが

以前にお客様で感触の良い碧玉の勾玉ペンダントを見せて頂いたのを思い出し、

最近なんとかそのような納得できるペンダントが作れないか挑戦を試みました、

丸の革紐も試みましたが硬さとすべりがありうまく馴染みませんので諦めました、

ロー引き紐を色々と仕入れて、やっと納得できる紐が見つかりました、

あとは如何に綺麗に結べるか、

この結び方はネットで紹介されていますので定番だと思います、

ただ綺麗に結ぶのは難しいですので、

結び目をじっくり研究し数十回ぐらい作り何とかここまでになりました。

001.jpg

002_20161020140131749.jpg

結び目の一番上に巻いている紐が少し甘く、これをうまく締める事が出来れば

もっと良くなると思いますが中々上手くいきません。

004_20161020140132856.jpg


005_20161020140134335.jpg

五円玉の左の小さな勾玉は縦14.5ミリと非常に小さい勾玉ですけれど、

紐と勾玉のバランスが思ったより良く、これで良ければ当サイトの勾玉は

ほとんどペンダントKOになります。

原石と勾玉



RIMG0003_512.jpg


この原石は透明感が非常に高い原石です、10年ほど前に海中から

自ら引き上げた原石で3.5㌔ありました。

このような原石は非常に希少ではありますが実際はもっと素晴らしい原石を

持っておられる方は私のまわりだけでも沢山います

(海擦れ翡翠)しかし原石を切断して加工を施すことはあまり無いようです

一般的には原石を切ってしまうと価値が下がってしまうことと

自然のままの原石が無くなってしまう、そう言う理由等で

国産上質ヒスイの製品は市場に少なく建材クラスの製品が

多いように思います(当方も建材クラスを沢山扱っております)

できる限り綺麗な色や透明感ある

魅力的な商品を少しでも沢山生み出して行きたいと考えております。



RIMG0002_512.jpg


三匹の勾玉です、この勾玉をよ~く見て頂きますと所々薄茶色のところがあります

これは元々原石自体を切断した時に最初からありました

原石に含まれる何かの成分だと思います、

糸魚川の原石にはこのような茶色い部分が入っているものが時々あります。

またこの原石の茶色の部分はこれ以上成長することはないと思います

何年経ってもこのままだと思います。



RIMG0001_512.jpg


丁子頭勾玉 どうも下の原石の翠色が気になります

勾玉の下に敷いている切断石はこの原石の中で一番色の良いところで残していました、

先で少し大きな彫刻勾玉を考えています。



RIMG0012_512.jpg


勾玉と原石 コンサワの青 窯変ラベンダー 海中翠  海中ブラック 

入りコンサワ産この原石は

当初は抱えられないぐらいありましたが大分減ってきました

窯変ラベンダーの原石は海中産で7キロありました

ネーミングは国宝の窯変天目に自分なりのイメージで似てると思い付けました

原石の場所にもよるのですが薄いラベンダー自の上に濃い丸のラベンダーがのり

その真ん中に緑が入っています

窯変天目のように天空を見るように感じました

まだ画像は出しておりませんがそのうちにお見せしたいと思います。

海中ブラック(黒ヒスイです)この原石も海中から引き揚げたヒスイで

元は10キロぐらいありました,原石の切断面は白っぽいですが

磨くと真っ黒に近いぐらい黒いです

糸魚川産の斑な黒は比較的たくさんありますが

真っ黒なヒスイは非常に少ないです。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。